交通事故で整骨院はダメと言われた?

pic_acci1交通事故に遭うと、ムチ打ちなど体に何らかの変調が出てくる場合があります。その際に整骨院に行き治療をしてもらうことを、整骨院に対し理解のない整形外科の医師は嫌がるだけでなく、損保会社も難色を示すことがあります。とはいえ、決して違法ではないですし、どのように利用してもらうかは患者の意志で決めることができます。つまり、整形外科の医師や損保会社が難色を示しても患者様にとっては関係ないのです。ただ、難色を示すにはちゃんとした理由があるのも事実です。

損保会社は医師の診断を基に保険金の支払いなどを決めています。整骨院で施術する人は医師ではありませんから、西洋医学的には根拠が説明がつきにくい方法で施術して治そうとしても結果が出れば特に問題はありません。整形外科の医師は西洋医学の観点で判断しますから嫌がるのはこうしたところにあります。実際に整骨院での治療内容を先生にお見せするわけでもありませんから先生はわかりません。
施術に対する禁忌事項などわかっているのか?と心配しているのもあるでしょう。
時折、整形外科と整骨院の併用をしている方で「整骨院に行くな」と言われたという人は多いかもしれません。団体によっては後遺症の診断書を書かないとまで言う先生もいらっしゃいました。
禁忌事項を分かっているのは基本中の基本ですが、後述しますが昨今は未熟な整骨院が多く開業して業界でも問題になっております。

損保会社が難色を示す理由としてもう1つ考えられるのが、いつになったら治療が終わるのか、いわゆる症状固定の状況になるのかということです。長引けば長引くほど、それだけ保険金はかかります。もちろん、ムチ打ちなどの症状は1日2日では治らず、数カ月かかる場合がほとんどです。医師が施術してそれだけかかるなら納得はいくが、医師でもない人がやるというのはちょっと腑に落ちない、そんな感覚のようです。
私からしたら、十羽ひとからげでそういう目で見られることには納得いきませんが・・・。

養成学校が激増しそれに伴い整骨院が近年激増し、請求額が増え、不正を行い社会問題化しているのもイメージが悪い原因です。
あまりに「交通事故」に特化したりする整骨院は業界内でも問題になっております。
損保の担当者からもそのような整骨院はかなり問題だと言っておりました。
また、整骨院を通じ、制度を悪用し、保険金を多くとろうとする勢力がいることも難色を示す理由の1つです。それでも通院先の指定を損保会社側がすることはできません。正当な理由があり、治す努力を示している整骨院は認めていただいております。

だから大切なのは医接連携ができる医師を紹介することなのです。
患者様の利便や希望を考え協力していくというスタンスがあるべき姿ではないでしょうか?
待ち時間もそれほどなく通いやすい、遅くまでやっている、便利な場所にあるなど当院が選ばれる最初のきっかけは様々ですが、交通事故の施術を11年間コンスタントに行っております。
決めつけでずいぶん辛い思いもしましたが、医師との関係もおかげさまで良い先生と出会わせていただきお世話になっております。
先生から逆に「お世話になっております。先生たちがいなければ今日までやっていくのは大変でした」と恐縮するようなありがたいお言葉をかけてくれるような先生もいらっしゃいます。
大変尊敬に値する先生です。

数多くの交通事故患者様が当院を受診し治癒、または緩和され示談まで無事に運ばれております。
当院は医師の心配をできる限り解消し、損保との信頼関係を作り、患者様のお怪我の回復と利益を守ることを3つ同時に高めるために日々努力しております。

患者様もそんな背景をご理解して整骨院選びと損保、医師との関係を考慮していただきたいと思います。

 

●お医者さんに「いい顔」されなかったが●

001夫が運転する車の助手席に乗っていて2人で交通事故の被害に遭いました。信号で停車中に、後ろから来た車に、追突され、首と足を痛めました。車の後部座席は大破。救急車で運ばれたものの、すぐに帰ることがでました。壊れた車を見ると、よくこれだけの怪我で済んだものだと思います。
運ばれた病院は、自宅から離れた所だったので、その日に帰宅できたのは、ありがたかったんですが、交通事故治療のために、近くの整形外科にかかればよいだろうとのことでした。
事故の翌日、自宅からほど近い整形外科を受診しました。マッサージやリハビリだけ毎日通いましたが当初は会社を休めたので良かったんですが、会社からは「そろそろ出てほしい」とのことで夜もやっているところを探し「まごの手整複院」を見つけました。
そこで会社に出なくてはならない旨と、整骨院へも通いたいと医師に伝えましたがまさかの「ダメだ」との回答。
首と足の痛みで、寝返りもままならない。トイレに行くために起きるのも一苦労で、そんな状態でしたので目の前が真っ暗になりました。
私みたいな方、皆さんいったいどうしているんですかね?
思い切って、「まごの手整複院」さんに電話してみました。
すぐ来てくださいとのことで行きました。
痛みの検査をして、その後やはり整形外科もきちんと受診したほうがいいですとのことで紹介していただきました。
はじめにかかった整形外科ではいい顔をされなかったが、転院してよかった。交通事故に遭って5ヵ月近くになるが、今では怪我の後遺症もなく、元気に過ごしています。

30歳    主婦

 

 

私から言えるのは、
困ったらお電話くださいという事です。
お医者様もいろいろな方がいます。
この方のような話は本当に多く聞きますよ。