動体療法施術について

動体療法は、当院で行われている「奥の手」の療法です。ぎっくり腰などの急性の腰痛の症状の改善に優れた効果が期待できます。寝違えた時にも良く、寝違えによる痛みの改善にも最適な療法です。坐骨神経痛や腱鞘炎、ばね指の改善の際にも動体療法施術が行われます。
動体療法施術の特徴は、痛みが発生している方向に身体を動かしながら痛みを取ることです。通常の整体の施術では、患者さんは動かずに寝ながら施術を受けますが、動体療法は患者さん自身が体を動かしながら施術を行います。患者さんが身体を動かすことが、動体療法の名前の由来になっています。
動体療法は大島先生が考案した療法ですが、現在では世界中の整体院で施術が行われています。動体療法で腰痛などを治療するアスリートも多く、アスリートからの人気が高い療法として定着しています。一瞬で痛みが和らぐことが、動体療法の人気の理由になっています。
椎間板ヘルニアやぎっくり腰も、当院の動体療法で治るケースがあります。寝違いによる首の痛みの改善には即効効果が期待できるため、当院で動体療法施術を受けられることをお勧めします。ポキポキ音が鳴って痛い施術ではないので、安心して施術が受けられます。

当院は一般社団法人日本動体療法協会の会員です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です