腰痛

こんな症状でお困りではありませんか?

  • ものを持ち上げるとき急に痛くなった
  • 腰が痛くて寝返りを打てない
  • ずっと座っていると腰が痛い
  • 湿布を貼ってもよくならない

腰痛でこんなお悩みありませんか?

重いものを持った瞬間に腰に激痛が走った、何気ない動作で腰に痛みが発生した、朝起きたら腰が痛くて立ち上がれないなどの症状は「ぎっくり腰」と呼ばれる腰痛です。

この辛い腰痛のぎっくり腰ですが、過度の負担により筋肉の繊維が通常以上に切れて炎症を起こしてしまい、骨や筋肉では支えきれない状態になってしまったことを言います。

本来の体は、骨盤や腰の骨で体を支えています。
骨盤や腰の骨に歪みが発生すると、体を支えきれなくなり、腰やおしりの筋肉に負担をかけてしまいます。筋肉が元気な状態では少しぐらいの負担はカバーしてしまいます。
しかしながら、負担のかかる動作が長時間続いたり、筋肉が収縮しているときなどに、中腰などの動作により更に腰やお尻の筋肉に負担をかけた瞬間に「ぎっくり腰」は発症します。

当整骨院での施術方法
①カウンセリング及び腰の状態のチェック
原因をしっかりと理解した上で、辛い痛みをとるだけではなく、腰痛が再発しないようにカウンセリングをし、施術計画を練ります。

①電気治療、温・冷罨法
炎症がある場合は炎症を抑えるために、急性期や痛みの強い時期は冷やす、回復期になってきたら温めるなど罨法を行います。それに合わせて各種電気治療を行います。
腰回りの筋肉の血行をその時に合わせて整え疼痛を抑えます。

③手技
発症時期にもよりますが、直接または間接的に患部に施術を行い、更に筋肉の緊張を緩和します。
腰痛は非常にポピュラーな症状ですからそれに対して改善させる手技は多くあります。
その人のその状態に一番その時に合った施術を行います。

④ストレッチ及びトレーニング
腰回りの筋肉を伸ばし柔軟性を養います。
日常生活の癖がもとで背骨の歪みが発生します。それに伴い、筋肉は硬くなり、筋力は低下してしまいます。
低下した筋力を補うことで腰痛が再発しないようにします。

⑤日常生活等の改善の指導
カウンセリングで得た情報をもとに日常生活において改善できる内容等を説明します。
また、自宅でできる体操の指導も行っています。

通院の期間については、患者一人一人の状態により通院回数は異なりますが、這って歩いてくるくらいの重度の腰痛患者様でも約70%の方が、1回目の通院(施術)で痛みはあるものの介助なしでも歩けるようになっています。
また、2回目の通院(施術)では、ほとんどの方が介助なしでも歩けるようになっています。

ぎっくり腰になってしまった場合には、基本的には安静にすることが先決です。
無理をしてしまったり、患部をマッサージしたりしてしまうと炎症が悪化してしまうこともあります。
安静にしていることで自然に痛みが引いていきますが、腰痛は放置したままにすると、慢性腰痛になってしまい身体の他の部分にも影響を及ぼすことがあります。
ぎっくり腰だからと言ってあきらめることなく、しっかりと根本から治していくには早めに治療することが近道です。

腰痛の原因

日常生活で頻繁に腰痛に悩まされ始めたら危険です。
腰痛には必ず何らかの原因があるので原因を解決しない限りは何回も悩まされ再発を繰り返す事になります。
慢性化すると筋肉の血行が悪化し柔軟性が落ちて「痛みの発痛ポイント」が出来上がっていきます。
その状態が普通になってしまうと腰が痛む機会が増え始めて何か大切な事をしている時や何気ない動作でぎっくり腰になってしまう場合もあります。
腰痛の原因は人によって違いますが、大体の場合は筋肉に引っ張られた骨格の形が崩れてしまっている事で姿勢が崩れそれが日常化して腰痛を引き起こす場合が多いです。
正しい姿勢を取ろうとすると痛みが発生してしまいます。あまりにも酷い場合は立ち上がろうとするだけでぎっくり腰になってしまう場合もあります。
歳を取る毎に骨は少しずつ弱っていくので、姿勢が悪い状態が多くなると自然と骨格も姿勢が悪い状態で固定されてしまいます。しかし、その「悪い姿勢」はその人の「楽な姿勢」でもあり、こういった原因が腰痛を引き起こしている場合が多いです。
この腰痛の悩みを原因から解決するには骨格自体を元の形に矯正し弱った筋肉を鍛えなければなりませんが、整骨院を利用すれば解消出来る悩みなので安心です。当院で緊張の強まった筋肉をリリースして骨格が正しい形に戻るように矯正します。
整骨院の腰痛治療は手を使った体にあまり負担をかけないのも良い点です。
腰痛は慢性化すると治療するのが難しくなるケースもあります。長い期間患っている症状であればそれだけその疼痛を避けようとする癖が身についてしまい痛めている部位以外のところにも悪影響が出ていることが多いものです。
骨格が曲がっているという事はそれだけ様々なリスクを背負う事にもなります。そのまま手術が必要になる程の怪我を負ってしまう危険性もあるので腰痛やぎっくり腰に悩まされ始めたら早い段階で当院に治療を受けに行くようにしましょう。