ジャンパーズニー

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 膝の皿の下が痛い
  • 膝の皿の下が貼れている
  • 走ったりジャンプすると膝が痛い
  • 膝を触ると痛い

ジャンパーズニーのこんな症状で悩んでいませんか?

スポーツをしていると、膝の痛みを感じることがあるかもしれません。
一時的なものなら問題ありませんが、長期間続くなら病院に行く必要があるでしょう。
素人判断で行動すると好ましくない結果になることが多いので、是非当院に相談してください。
競技に打ち込む人ほど、怪我をしてしまう傾向にあります。
自分の身体を大切にするためにも、症状が悪化する前に治療しましょう。
ジャンプを繰り返すスポーツを続けていると、膝のお皿の近くに痛みが出ることもあります。
また、跳躍だけでなく急に止まる動作は、膝への負担が大きいです。
膝への負担を減らすために、できるだけジャンプや急停止といった動作を避けるといいですが競技の特性上そうもいかないこともあるでしょう。
スポーツによっては、頻繁に行う動作かもしれません。
そのようなときは、指導者と相談して膝に負担の少ないメニューに変更してもらうなど自己管理も大切です。
無理なトレーニングは、身体を壊すことに繋がります。
自分の膝を守るためにも、運動量も見直すといいかもしれません。
負担を減らす以外にも、運動前のストレッチに時間をかけるといいです。
ストレッチだけでなく、痛める前の段階で膝周りの筋肉を鍛えるのはもちろん予防という観点からもお勧めです。
柔軟性や筋力がアップすることで、膝への負担を減らすことができます。
すぐには効果がでませんが、すぐにでも始められるのでいいかもしれません。
一度痛みが出てくると、運動時に自分でセーブしてしまうこともあります。
症状が改善したら、二度と痛みが出ないように、できることから始めるといいです。
膝に負担がかかる動きを可能な限り減らし、膝へのダメージを減らしてください。
負担を減らすだけでなく、筋力や柔軟性をアップさせ、怪我に強い身体を作りましょう。
小さなことを続けることで、膝の痛みを解消できます。
それでも痛みが出てしまった場合は、我慢しないで当院にご相談ください。
アドバイスとサポートを得て、競技を長期間楽しめると思います。
痛みが原因で好きなスポーツが楽しめなくならないように、日頃から当院で自分の身体のケアをするようにしてください。
身体を大切にすることが、痛みをなくすことに繋がります。
怪我が少なくなると、競技が上達しやすくなるのは言うまでもありません。
自分の好きなことを楽しむためにも、膝を大切にするようにしましょう。
普段は意識することが少ないですが、運動時には膝に大きな負担がかかります。
膝が健康的な状態を保てるように、少しずつでもいいのでケアをするようにしましょう。

様々なスポーツに、興味を持っている人は多いでしょう。
スポーツを始める環境が整っている日本では、小さいころからいろいろな競技を楽しむことができます。
そのため、子供のときからハードなトレーニングをすることもあるかもしれません。
適度な運動量なら問題ないのですが、中には本人の能力を超えるトレーニングをすることもあるでしょう。
限界を超える練習が続くと、身体にトラブルが発生することが少なくありません。
怪我で困らないためにも、自分の体力に合ったトレーニング量にする必要があります。
スポーツをしていると、膝の痛みが出ることもあるかもしれません。
ときどきなら本人も気にしないかもしれませんが、頻繁に痛みが出ると練習も難しくなります。
痛みの原因が分かれば対処できるため、自分の膝を守るためにも早めに当院にご相談ください。
跳躍動作を頻繁に行うスポーツをしていると、大腿四頭筋という筋肉を一番よく使います。
この大腿四頭筋は人間の体の中で最も大きく、膝のお皿を支点に脛の前面に付着している最も強い筋力を発揮する筋肉なのですが、それだけ強い力で収縮するためにお皿の周囲(前後)に特に負担がかかります。
膝に痛みがあるときは、跳躍動作を控えるのがまず第一です。
痛みが出ているときは、安静にするようにしましょう。
スポーツが上手くなるために、トレーニングを続けたい人もいるかもしれませんが、しっかりと休むのがベストです。
身体の調子を整えることも、スポーツ選手に必要なことです。
しかし、それでもやりたい気持ちは私はよくわかりますので「休まず治したい」気持ちにも私は対応いたしますので当整骨院でも、上手くなるために頑張りすぎた人が相談にいらっしゃいます。
私自身が休まず治したい人間ですから、何とかしましょう。
しかしなんにしても無理をすると怪我をしてしまい、好まない結果を生み出すこともあるので気をつけましょう。
ジャンプ以外にも、急停止する動きも膝に負担がかかります。
膝を酷使するスポーツは多いので、膝を大切にするように心がけましょう。
運動中や運動後に痛みが出たら、我慢せずに当院に相談してください。
早めに診察してもらうことで、怪我が悪化するのを防げます。
膝の痛みを早く治し、競技を楽しむといいでしょう。
膝に痛みがあるのに無理をして続けると、何もしなくても痛みが出るようになります。
日常生活に影響を与えないように、痛みが出たら早めに治療してください。
普段から姿勢を正しくするなど、膝に負担がかからない生活をするといいでしょう。
膝の動きは、多くのスポーツで重要になってきます。
スポーツを楽しむためにも、膝を守るようにしてください。