ランナー膝

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 走ると膝の外側が痛い
  • 走ると膝の内側が痛い
  • 膝の皿から脛が痛い
  • ジャンプすると膝が痛い

ランナー膝でこんな悩みはないですか?

健康のために、ランニングを始める人は多いでしょう。
自分で走ろうと思えばいつでも始められるため、他のスポーツに比べて気軽に参加しやすいのが特徴かもしれません。
誰でもスタートできるのは良いのですが、簡単に始められるうえに普段運動の経験が浅いため加減を間違って無理をして怪我をしてしまう人も珍しくないです。
知識がないまま無理をすると、将来怪我で悩むことになるので気をつけてください。
無理をすると身体を壊してしまうため、ランニング初心者ほどペース配分を考える必要があるでしょう。
ランニングを続けていると、走る距離を長くしたくなるときもあるかもしれません。
自分で決められるため、経験がなくても無理に走ることが可能です。
そのため、自分の体力以上の運動をしてしまう人も多いでしょう。
能力以上のことをしてしまうと、当然ですが膝や足部の痛みが出てくることもあります。
もし、膝のお皿や様々な部分に痛みがあるなら、身体を休めることを考えてください。
人の身体は、無理な運動を続けると故障することが多いです。
痛みは身体からのメッセージなので、無理をしないようにしてください。
膝のお皿に違和感や痛みが出てきたら、当整骨院に相談するのもいいでしょう。
専門家に診てもらい、ある程度対処法が分かれば、素直に従うといいです。
膝の痛みを感じた人は、ランニングを続けるために、当整骨院での施術を検討する人も過去にも多くいます。
膝の痛みが酷いなら、痛みが消えるまでランニングを休むのが最善です。
休んでいる間に、ランニングコースやメニューを考え直すといいかもしれません。
痛みが発生したコースやメニューを変えることで、痛みが減ることも珍しくないです。
運動前の準備運動をしっかりするなど、ランニングに対する正しい知識を増やすといいでしょう。
知識があるだけで防げる痛みは少なくありません。
ランニングを楽しむためにも、怪我をしない身体作りと、怪我予防のための知識を増やすといいです。

身体を動かすと気持ちの良い汗を流せるため、本格的な競技だけでなく、自分の健康のためにスポーツを行う人もいるでしょう。
自分の健康のために身体を動かすのは良いのですが、ランニングが原因で痛みが出ることもあるかもしれません。
走ることで発生する膝周囲の痛みのことを総称して「ランナー膝」と呼びます。
長距離を走る人の中には、膝の痛みを抱えている人が珍しくないです。
最初はエンジョイする程度で走っていても、途中から本格的に考えてマラソン競技に参加する人もいます。
そのような人の場合、痛みが出ていても大会日が決まっているため無理してしまうことがあるでしょう。
ランナー膝の原因は、膝の使いすぎだと言われているため、膝を休める時間を作ってください。
痛みが引いたからといって、すぐにランニングを再開するのではなく、一定期間様子をみた方がいいです。
しかし、「休まず治す」というご希望もある事と思いますのでできるだけ当院はその気持ちのこたえたいと思いますのでご相談ください。
しかしそれは症状が悪化する前にです。
大会日時が決まっていたり大会までの時間が少なかったり、何らかの記録がかかっていたり「期日」「目標」がある場合は休みたくない気持ちも大きいでしょう。
当整骨院でも、ランナー膝で相談にいらっしゃる方がいます。
膝は人が動くときに使用するので、完全には休めるのが難しいです。
そのため、痛み等が出るとなかなかご自分では治すのに苦労するかもしれません。
一度膝の痛みが出たら、ランニングを控えるなどして、膝を休めるようにするのがベストではあります。
無理をすると、それが積み重なって将来大きな痛みになること珍しくないです。
腕なら痛みがない方を使えますが、足は片方だけ使うことは難しいでしょう。
そのため、痛みが出た足を庇い、問題が無かった足にまでトラブルを抱えることも珍しくないです。
ランニングを楽しむためにも、自分の身体を休めることも考えましょう。
身体を酷使するだけでは、記録もアップしないです。
自分の身体を健康的にするためにも、ランニングと上手に付き合うようにしてください。
走るときに膝の痛みを感じるようになったら、自分のフォーム等を確認するのもいいでしょう。
運動を楽しむためにも、身体を労ることを覚えた方がいいかもしれません。
膝の痛みが出たら我慢せず、すぐに当院に相談してください。