寝違え

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 朝、首が動かない
  • 朝、肩が痛い
  • 朝、腕が上がらない
  • 朝からずっと首が痛い

寝違えでこんなお悩み無いですか?

朝起きたときの身体の状態で、その日一日の気分が決まる人もいるかもしれません。
目覚めたときに体調が良いと、一日頑張ろうと考えることが少なくないです。
スタートが良いと、その後も良い状態が続くことが多いため、気持ちよく目覚められるように工夫している人もいるかもしれません。
個人で工夫していても、起床時に困ることもあるでしょう。
とくに寝違えのように首の痛みが出てくると、その日一日、元気が出ないこともあります。
寝違えになるかどうか予測は困難なため、普段から警戒している人は少ないでしょう。
寝ているときの首の状態が悪いと、首を痛めることに繋がります。
そのため、睡眠時の姿勢に気をつける必要があるでしょう。
通常は首に負担がかかる姿勢になっても、寝返りで負担を軽減することが多く、寝違えにならないことが少なくありません。
上手に寝返りができない状態だと、首へのダメージが蓄積され、寝違えになることがあります。
起床時に首の痛みで悩まないためにも、睡眠の質を上げるようにすることも有効です。
お酒を飲みすぎると、同じような体勢で眠ることが珍しくないため、首への負担が大きくなる傾向にあります。
上質な睡眠をとるためにも、お酒の飲みすぎには気をつけた方がいいでしょう。
起床後徐々に痛みが強くなることもあります。
じわじわと小さな捻挫が蓄積したような状態を言います。
知らない間にダメージが蓄積されると、首の痛みが悪化することもあるため注意が必要です。
首の痛みは他の動作にも影響を与えることが多いので、痛みを悪化させないようにしてください。
寝ているときの姿勢が悪いと、首へのダメージが蓄積されるので姿勢だけでなく寝具にも気をつけるといいです。
とくに枕は、本人に合ったものを使用していないことが原因のひとつにもなります。
自分の首を守るためにも、自分に合った枕を準備するといいかもしれません。
ただ、「枕」を原因と考え、いくつも変えては合わないと悩んでいる方も少なくありませんが、その場合は原因は枕ではなく首そのものにある可能性が高いです。
当院できちんと調べたほうが良いでしょう。
寝違えをする人は珍しくありませんが、首へのダメージを考えると、できるだけ予防した方がいいでしょう。
その日一日を楽しく過ごすためにも、首をしっかりと守る生活をおくるように心がけてください。
お酒の飲みすぎに気をつけることで、防げることも少なくありません。
また、自分に合った枕を揃えるなどして、自分の首を守るようにしてください。

 

寝違えの原因

睡眠時間が短いと、体調が悪くなる人が少なくないため、眠りの質に拘る人も多いかもしれません。
身体を休める時間が短くなると、起きている間の他のことに影響が出ることが珍しくないです。
そのため、睡眠時間を長くする努力をしてる人もいるでしょう。
睡眠時間の問題も多少あるかもしれませんが、それよりも筋肉の状態によるところが大きいです。
要は普段のご自身の筋肉の状態が悪いと寝違えの地雷がたくさん埋まっているようなイメージです。

朝起きたときに特定の方向に首を動かすと、痛みが出ることがあるでしょう。
人間の首は大事な部分なので、個人の判断で動かすと、さらに症状が悪化することもあります。
当整骨院でも、首の痛みでいらっしゃる方が少なくありません。
痛みをなくすために首を動かそうとする人もいるかもしれませんが、まずは安静にするようにしてください。
首はデリケートな部分のため、少しの痛みでも他の部分に影響が出ることが多いです。
痛みが強くなる場合や、手や他の部分にしびれが出てきたら、また別なことも考えられます。
症状が悪化する前に、早めに対処した方がいいです。
身近な痛みなので深刻に考えない人もいるかもしれませんが、日常生活に影響が出る可能性もあるので、軽く考えないようにして速やかに当院にご相談ください。
他の部分に影響が出る前に、早めに対処しましょう。