肘の外側の痛み

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 荷物を持つと手首から肘が痛い
  • タオルを絞る時に肘が痛い
  • テニス肘と言われた
  • 指を動かすと肘が痛い

肘の外側の痛みでこんな悩み無いですか?

激しい運動をしていると疲れることが多いように、特定の部分を酷使すると痛みが出ることが多いのは当然です。
スポーツや趣味を楽しむ人は、痛みが出ることもあるかもしれません。
痛みを放置していると、症状が悪化することもあります。
少しでも早く改善するためにも、早めに行動した方がいいでしょう。
腕を使用するときに、肘の部分に痛みが出る人もいるかもしれません。
肘の外側の上側に痛みが出る場合、テニスエルボーの可能性もあります。
趣味でテニスを行う人で肘の痛みがある人は、適切な対処をする必要があるでしょう。
痛みが出るときは、テニスの練習等を休むといいかもしれません。
痛みを押して練習しても、期待するような効果が得られないことが多いです。
練習から離れると不安になる人もいるかもしれませんが、身体を休める時間を設けてください。
テニスで肘を使わないのはまず無理でしょうから「休まず治す」のであれば補助的にサポーターや施術は必ず必要です。
我慢に我慢を重ねてこじらせてしまうと「休まず治す」のはそうはいきません。

テニスをしていないから、自分はテニスエルボーではないと考える人もいるかもしれません。
名前にテニスと付いていますが、テニスを行わない人でもテニスエルボーになることがあります。
スポーツ以外でも腕を使う回数が増えると、肘に痛みが出ることが珍しくないです。
そのため、スポーツをしていない人も気をつける必要があるでしょう。
お仕事で指先や腕を使う頻度が高いなら、作業量を減らした方がいいかもしれません。
使用頻度を減らせば痛みがひくことが少なくないため、仕事内容を見直すようにしてください。
自分では仕事量を変更できない場合は、痛みのない腕を使用するなど、自分で工夫するといいです。
テニスエルボーで悩み、当整骨院での施術をした方は大変多くいらっしゃいます。
身体に痛みが出てくるころには、症状が悪化していることが珍しくないです。
特定の部分を酷使することで痛みが発生し、他の作業にも影響を与えることは少なくありません。
痛みが出始めたときは気にしない人もいるかもしれませんが、早めに治療を考えてください。
症状が出ているのに我慢すると、痛みが悪化することが多く、治るまで時間がかかることが多いです。
肘に痛みを感じたら、腕を酷使していないかチェックしてください。
腕に痛みが出てきたら、思い切って休ませることが大切です。

肘の外側に痛みが出る原因

近年ではテレビ番組やインターネットによる情報配信速度の高速化とスター選手の影響もあり、様々なスポーツに挑戦する人が増えてきました。
しかしスポーツは場合によっては自分の体の限界以上もの負荷を掛けてしまう可能性が高く、それに付随した体の損傷事例も増えてきました。
そんな怪我の危険の潜むスポーツの中で特にラケットスポーツに多い事例が腕の損傷となっており、テニスエルボーなどとスポーツの名前が怪我の名前になる程にまで有名になっています。
テニスエルボーの正式名称は上腕骨外側上顆炎といい、腕の上腕骨外側上顆という腕や指を動かすための筋肉の集合体が付着する部分に過度の負荷をかけてしまい炎症が起きてしまう状態を指します。
テニスエルボーと名前がついてはいますが、日常生活で発症してしまう可能性も十分高い怪我になっており、主婦の方が雑巾絞りをした時に発症してしまったという事例も多く報告されています。
テニスエルボーという名前が普及しているせいか、発症させてしまってもテニスなんてしてないからと放置して症状を悪化させてしまう方も多いので、痛みがでた場合は必ず当整骨院で治療するようにしてください。
しかし上腕骨外側上顆とはどこなのか、そもそも発症させたとしても体の内部にある損傷なので自分でも判別できないという方も多いと思います。
まず上腕骨外側上顆の場所ですが手の甲を上にしてこぶしを握り、肘の外側付近にある骨のでっぱりが上腕骨外側上顆になります。
そして上腕骨外側上顆炎を発症させてしまっているかどうかはこの場所に少し負荷を掛け、痛みがあるかどうかで確認できます。
手首を動かないようにもう片方の手で押さえたうえで抵抗をかけ手の甲を上に上げてみてください。
それで痛みが肘に出るようなら外側上顆炎(テニスエルボー)の可能性大です。
あるいわテニスエルボーの疑いがある人はバッグやペットボトルを上から鷲掴みするようにして持ち上げて、痛みがあるのであれば上腕骨外側上顆炎を発症させてしまっている可能性が高いです。
適度な物が用意できない方は、中指を使った判別も行う事ができます。
まずどちらか片方の手の中指を伸ばして、反対の手で爪側から下に向かって押さえつけてみてください。
この時伸ばした中指を押さえに逆らって伸ばそうとして痛みがでれば上腕骨外側上顆炎を発症させている可能性が極めて高いです。
これは中指の付け根に付いている短橈側手根伸筋という上腕骨外側上顆に一番密接な関係性の筋肉があるためで、この短橈側手根伸筋に負荷を掛ける事である程度判別する事ができます。
しかしこういった判別方法を用いて確認をする段階で何かしら腕の痛みに心当たりがあるという事なので、痛みがなくても可能な限り早めに当整骨院で精密検査と治療を行う事を強くお勧めします。