足底の痛み

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 足の裏がしびれる
  • 歩くとだんだん痛くなる
  • 足の裏を押すと痛いところがある
  • 階段を降りるときに足の裏が痛い

足底の痛みでこんなお悩み無いですか?

長時間の立位は、脚にむくみを生じさせたり、痛みや痺れを引き起こす切っ掛けになります。
また、立ち仕事は長時間、足裏に全体重がかかるので、慢性的な疲労感に繋がる可能性もあります。
長時間の立位を避けることが難しく、足底に何らかの違和感を覚えた場合は、当整骨院での施術が解決の鍵になるでしょう。
症状の改善には、立ち仕事の時間を減らしたり、長時間の立位の合間に、休憩を挟むことが必要といえます。
しかし、仕事である以上、急に時間短縮を実現するのは困難ですから、痛みや違和感を騙しながら立ち仕事を続けている人は少なくありません。
足の底に生じる炎症は、かかとの土踏まずよりの部分に痛みが出るのが特徴で、立ちっぱなしが発症のトリガーになっています。
当整骨院での施術なら、立ち仕事を減らすことが難しくても、症状を軽減したり改善することが可能です。
一方、当整骨院での施術が受けられない場合でも、長時間の立位を見直すだけで、症状が軽減出来る可能性は高くなります。
長時間の立位という、症状の原因は分かっているので、足の負担を減らすアプローチと、上手く休憩する二点が解決の鍵を握っています。避けられない立位のお仕事などのために最適なサポーターなどもご用意しております。
当整骨院での施術は、患部の直接的な治療だけではなく、関連周囲のケアも含まれます。
長引く炎症性の痛みは、回復の遅れが症状の継続を引き起こしているので、早く治して翌日に残さない点が重要です。
痛みがある時は、患部を安静な状態にして、氷で冷やすことが応急的な手当になるでしょう。
鋭い痛みがなくなり、鈍い痛みに変わった後は、逆に温めて血流を促すことが回復のポイントになります。
筋力不足は血流の低下を招くので、加齢や運動不足が、痛みを長引かせる切っ掛けになることもあります。
他に、筋肉や筋の柔軟性低下によって、体の機能が落ちたり、足首や関節間の連動が上手くいかないことが原因になります。
痛みを抱えて立ち仕事をする場合は、クッション性のある足に合う靴を選び、体重を足裏全体に分散することが必要です。
重心は、両足を中心にバランス良く乗ることが理想的ですから、姿勢を正しく保つことも不可欠です。
それでも痛みが引かなかったり、長引くのであれば、当整骨院での施術が解決の決め手になるでしょう。
症状改善の施術を始めとして、痛みを回避する生活のコツ、そして症状に負けないトレーニングもアドバイス出来るので、足底の痛みに悩んでいる人におすすめです。
悩みは我慢していても解決しませんから、頼りになる相手に相談を行い、乗り越える為のヒントを得て仕事に戻ることが大切です。

足底筋膜炎の原因

足の裏に痛みがあると、歩くのも辛くなります。
痛みが出ると、足を踏み出すのも怖くなる人もいるでしょう。
もし、足の裏の痛みで困っているなら、原因を知るといいかもしれません。
原因を知ることで、痛みが出る頻度を抑えることが可能です。
立ち上がるときだけでなく、長時間立った状態から一歩踏み出したときに、痛みが出ることもあるでしょう。
もし、足の裏に痛みが出るなら、足底筋膜炎や足底腱膜炎を疑うといいかもしれません。
長時間足を使っていると、足の裏への負担が大きくなることが多いです。
そのため、痛みが発生することが少なくありません。
仕事で立ちっぱなしの人や、足に負荷がかかりやすい人は気をつけてください。
足底の痛みは、足の裏等への刺激が続くことで起こると言われています。
立ち仕事は足への負担が大きいため、時間を短くするようにしてください。
長時間立つのが避けられない場合は、靴を見直すといいかもしれません。
固い床に立ち続けると痛みが生まれることが少なくないため、自分の足に合った靴等で負荷を減らすといいでしょう。
時間を短くできなくても、靴を工夫することである程度痛みを防ぐことができます。
趣味で運動している人は、足への負担を減らしてください。
動きが激しいスポーツをしていると、足底へのダメージが大きくなる傾向にあります。
ハードなトレーニング等を控え、適切な運動量にしましょう。
競技を楽しむ時間だけでなく、足を休める時間も設けるようにしてください。
適度な運動は健康に良いですが、負荷が強すぎるのは好ましくないです。
当整骨院でも、運動好きの方がいらっしゃいます。
好きなことになるとハイペースになり、知らない間にダメージが蓄積されていることが少なくありません。
痛みが出るまでできるだけ運動するのは避けましょう。
また、合わない靴で運動することで、痛みが発生することもあるため、道具選びは慎重に行ってください。
ダメージが蓄積されていても、まだ痛みが出ていないことも珍しくないです。
痛みが無いからといって安心するのではなく、痛みが出たら当院に相談し足の裏を守るようにしましょう。