足関節捻挫

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 足をくじいた
  • 正座をすると足首が痛い
  • 走ると足首が痛い
  • 捻挫が癖になっている

足関節捻挫でこんなお悩み無いですか?

普段スポーツをしている方やジョギングやウォーキングを楽しんでいる方は、運動をしない方と比べてケガを負うリスクが高いでしょう。特に足関節捻挫を患う方の頻度は高く、足を内側に捻ったときに発生しやすいので注意が必要です。
捻挫と聞いて思い浮かぶ最初の場所でもあります。
足関節捻挫では靱帯がダメージを受けてしまい、くるぶしの周辺に症状が現れます。痛みや腫れといった症状が起こったときは当院を受診して専門的な治療を受けることをおすすめします。
足関節捻挫は激しいスポーツを行う方でなくても発生することがあり、階段の上り下りなど家の中にいても起こってしまう場合があります。症状が軽いと放っておいても自然に痛みがなくなっていくこともありますが、痛みと腫れが強いときは速やかに治療を受けることが大切です。
足関節捻挫の疑いがあるときは当院で固定やエコーによる鑑別判断が受けられます。
当整骨院での施術は、急性期、慢性期に適した処置取をしています。患者一人一人の症状を確認しながら最適な施術メニューを決めていくので安心してください。初回のカウンセリングを受けることで、どのような状態でケガを負ってしまったかが分かります。
足首の治療では患部を冷やしたり電気を使った治療などが行われます。足関節捻挫は何度も繰り返してしまう場合があるので、一度ケガを負ったら完全に治るまで時間をかけて治しましょう。

スポーツを行う際に負担がかからない使い方ならいいのですが、競技の中では思いがけない外力が加わり中には怪我をしてしまう人もいるかもしれません。
怪我をして自分が困らないためにも、運動前に準備運動を行うようにしてください。
激しい運動をするときは、少しずつ強度をあげていくといいでょう。
自分の身体を守るためにも、まずは自分でできることをして予防に努めます。
運動していないときは、怪我のことを意識しないかもしれません。
スポーツ等での怪我と聞くと、「捻挫」は最も多い症状です。
激しい運動をしていないときでも、じわじわと外力が加わり関節に無理がかかって捻挫をはじめ怪我をすることはあります。
そのため、ゆっくりとした動作、繰り返しの動作でも、気をつける必要があるでしょう。
とくに足首は、激しさに関係なく酷使されます。
一番多いのは外くるぶしのやや前下方にある「前距腓靭帯損傷」です。
ここは関節の構造上、捻挫を最も起こしやすい部位で長年何度も捻挫を繰り返すことで靭帯が伸びてしまい再発を起こしやすくなっている方が少なくありません。
日常生活でも足首を捻挫する人は珍しくないため、比較的知られているかもしれません。
激しい運動をしていなくても足関節捻挫は起こるので、「捻挫」と聞くとこの部位が連想されます。
足関節捻挫の多くは、内側にひねったときに起こります。
足関節の構造上、内側には動きやすいのです。
まれに外側にひねったためにうちくるぶしの靭帯を痛める方もいますが全体としては少ないです。
自分の体重を小指側にかける人や、足の外側で歩く傾向にある人は、痛めやすいかもしれません。
両足で立つときに、小指側に体重をかける人は気をつけた方がいいです。
また、立ち方以外にも、履物にも気をつけた方がいいでしょう。
ハイヒールのように、かかとが高いものは、歩くときに不安定になりやすいです。
そのため、足を着地したときに内側にひねることが少なくありません。
足関節捻挫を避けるためにも、かかとが高すぎるハイヒール等は避けた方がいいでしょう。
おしゃれな恰好も大切ですが、自分の身体を大事にするのが一番です。
歩いているときや、何気ないときに起こる足関節捻挫は、比較的身近な怪我と言えるかもしれません。

当整骨院でも、足関節捻挫で訪れる人も少なくないです。
しかし、サッカーや陸上、ラグビー、野球といった「走る」競技での足関節捻挫が一番多いです。
しかし相手がいる競技の怪我は100%避けるのは難しいですが、日常生活での足関節捻挫は、ちょっとしたことで防げるでしょう。
歩き方や履物に注意して、自分の足首を守るようにしてください。
足関節捻挫が酷くなると、日常生活に影響がかなり出ます。
「あ!やったな」と思ったらすぐに相談してください。
骨折も考えられる場合もありますのでエコーで鑑別し、場合によっては医科への紹介も致します。